生徒の声

K.M.くん (中高生の英語/一橋大学合格)

僕は、中学2年生からこの英語教室に通塾しています。入ったきっかけは、学校が英語に力を入れていることもあり、なかなか授業についていくのが大変だったからです。

授業を受け始めてから少しして、英語は僕の得意科目になりました。先生は授業で、英文法や長文の読み方に関する講義など、一般的な内容のみならず、英単語にまつわる歴史や長文の内容に関する世界史など、幅広い知識を紹介してくださいました。


それらは英語の上達という本来の目的を間接的に支えているように思います。こういった丁寧で濃厚な授業の一つの成果として、僕は大学受験で第一志望だった一橋大学に合格することが出来ました。

各科目の採点内容は公表されないので詳しくは分かりませんが、正直僕は試験本番の英語で間違えたところは無いと思っています。

これらの実りある結果をもたらした一つの大きな要因は、間違いなく先生の授業でした。ありがとうございました!


【保護者からのコメント】

(お母さまよりコメントをいただきました。)

やす先生は思春期・反抗期真っ只中の息子に、寄り添った授業をしてくださいました。親の言うことは素直に聞かなくても、やす先生のアドバイスやご指導はよく聞いていたように思います。

苦手科目の英語が得意科目になっていく過程を通して、息子の自己肯定感が高まっていったことが一番嬉しかったです。
また、親や学校以外に「年の離れたお兄さん」のようなやす先生がいることの安心感も大きなものでした。

大学生になっても通塾したいと言っておりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

【担当講師のコメント】

K.M.くんは中高一貫の有名進学校に通っていました。彼は中学に進学してはじめて学科としての英語に触れましたが、本人はアルファベットから始めているのに対し周りはすでに中級以上の実力を持つ帰国生ばかりで、さらに学校もこの帰国生の子たちの実力を基準にしたカリキュラムを組んでいたことから、入学後しばらくは英語の授業でだいぶ苦しんでいたようです。

Quoに入会したころの実力はほぼ初級(CEFRではA2)と判断しました。「詰め込み」ではなく「慣れ」、「目」よりも「耳」を重視し、入会してからは一貫して音の練習をカリキュラムの中心に据えました。そうでないと英語が単なる暗号解読となってしまいます。大学入試は暗号解読で十分なのかもしれませんが、それでは生きた言語としては使い物になりません。基礎の段階ではリスニング、およびコーチング付きの音読や暗唱をたくさん行いました。音声がついていない長文の場合は私がまず読み上げて聴かせ、話の内容を理解しているか英語や日本語で確かめたのちに原稿を読み、細かい語句や表現を覚えていきました。このころは中学課程の内容のやりなおしにに注力しました。また「大学受験の直前まで単語本の暗記は禁止!」としました。

高校1年になると音声のトレーニングをさらに増やし、英文の構造を理屈よりも身体で覚えてもらいました。このころ文法に関しては、本人から質問があったときと、取り組んでいる文章を理解していないように思えるときにのみ解説するに留めましたが、それでも説明するときは本人が納得するまで徹底的におこないました。説明はおもに日本語でおこない、用語は日本語と英語の両方を使いました。

1年の秋には聴く・読む・書く・話すの4技能とも中上級(CEFR B2)に達し、ときには上級の教材にも取り組むようになりました。2学期の終りには当時退任直前のオバマ大統領の論文を一緒に読みました。そこではオバマ氏独特の複雑でアクの強い文章を、その政治経済的な背景も含めて完全に読み切ることに成功しました。当時あの文章をあれほど徹底的に読み込んだ高校生は全国でもほとんどいないのではないかと思います。大学受験の準備までに十分な余裕のある時期にこうして時間をかけて知的な背伸びをさせたことは後々の実力向上に大いに役立ちました。またこの前後から本人は洋楽に夢中で、レッスンではしばしば最新の曲やその歌詞の話題で雑談をしました。

2年からは一般の新聞、雑誌、テレビ・ラジオ番組を直接読んだり観たり聴いたりを繰り返しました。これらはみな英語圏の知識階級の読者や視聴者を対象にしたもので、学習者に向けて加工されていない生の英語でした。ここでも音声の練習は必ずおこない、英語独特の音の感覚を身に着けてもらいました。ところどころで英語によるディベートもおこないました。英作文の添削もして、作文のさいのコツを身に着けるための特別な課題をこなしてもらうこともありました。2年の3学期には腕試しとして最難関大学の過去の入試問題に挑戦させてみたところ、既にどの大学を受験しても良いほどの優秀な成績でした。

一橋大はさすが実学を重視する大学らしく、英米のニュースサイトや雑誌から長文を選んできて、受験生の論理的な思考力をしっかりと試すたいへん良質な難問を作ります。このことを踏まえて、3年(正確には2年の3学期の終わりごろ)になると入試問題と内容の面で同傾向でありながらより複雑な言い回し、概念、論理の流れを含む長文を選び、一緒に読み合わせをする練習をしていきました。それまでの数年間の基礎練習で培った実力をベースにおこなったこの「高地トレーニング」では理解力とスピードが飛躍的に向上しました。運動部に所属して忙しかったにもかかわらず、よく頑張ってくれました。

秋になってはじめた過去問の徹底研究では出題者の意図を見抜く程にまでしっかりと取り組みました。この結果、本人は正しい考え方をしつつ素早く正答を導くことができるようになりました。この時期でも、音声資料のない文章では本人が音読するか私が読み上げて聴かせるかのどちらかを必ず実践しました。

ところがひとつだけ懸念がありました。それまで受験よりも総合的な語学力養成を目指していたこともあり、模試等ではケアレスミスや与えられた問題の早とちりが散見されたのです。変な言い方ですが模試等を舐めてかかってしまい、とくに長文読解と英作文では問題文をちゃんと気をつけて読んでいれば簡単に正答を導けたところを落とすというケースが目立ちました。この子なら間違えるはずがないという問題でトンチンカンな答え方をしていたのです。

レッスンでおさらいした際に確認すると問題文を読まずさっさと答えを書いて後はのんびりしていることが判明しました。大学受験は他の科目とあわせて総合点での競争ですからそれではいけません。このため受験テクニックの練習として問題を解く際に「意識を置くべき」箇所を確認するセッションをおこないました。二次試験のさいこの悪い癖が出ないかと心配していましたが、見事合格してくれました。

担当の講師として、本人が第一志望の大学にストレートで合格してくれてたいへん嬉しく思います。Quoのレッスンを信じて何年にもわたり大事な息子さまを託してくださったご両親に深く感謝いたします。Quoは予備校ではありませんから英語のみのお手伝いでしたが、レッスンを通じて身に着けた語学的実力と論理的思考力は今後に役立ててほしいと願っています。彼の将来が楽しみです。(やす)



K.K.さん (試験対策)


英会話を習おうと思ったきっかけは、息子のインターナショナルスクール幼稚園受験の面接で必要だったからです。
子どもがプレスクールに行っている間にマンツーマンで通えるところを探していました。
大学卒業以来、英語を使う機会がないので勉強していないのと、幼稚園面接のための英会話、、、
いったい何をどうやって学べばいいのかわからず、何箇所か英会話教室の体験をしたのですが、
どこも幼稚園受験のための英会話に対応されておらず、そんな中、近所のQuo英語教室に出会いました。

やす先生は、毎週いろんなカリキュラムを考えてくださりました。
正直、最初はハードに感じましたが(笑)、回を重ねるに連れて、自分の中にストンと入っていきました。
先生はたくさん使える言い回しの英語を教えてくれましたし。
そして、「どんな変化球が来ても答えられるように」と毎週たくさんの宿題を通して、
英語だけではなく、教育・子育て・親として・子どもの性格などについてよく考えさせられました。
レッスン中にもいろんなアドバイスをいただきました。

面接前には、すっかり自信もつき、どんな質問が来ても答えられる状態までになりました。
受験の結果も無事合格!
本当にこれは先生のおかげです!!!

ありがとうございました!!



【宿題について】

上のK.K.さんの文中で宿題のお話がでていました。レッスンでしかできない練習はレッスンの席でおこないますが、自宅でできる練習は宿題として出すことがあります。

宿題の量は生徒ごとに決めています。生徒の要望によっては宿題を出さないこともあります。

K.K.さんの場合は「短期決戦」でしたため、ご本人とよく相談したうえで宿題はしっかりと出しました。レッスンでは毎回の宿題をベースにしてたくさんのスピーキング練習をおこないました。

社会人の生徒は忙しかったり疲れたりして自宅での練習が大変なことがあります。そういった事情を考えて、なるべく無理のないようコースを進めています。



M.H.さん (総合英語) 

習い始めた契機は、会社では読み書き中心で英語を聞き取れない・話せなかったので、自分の世界を広げる為です。

他の教室とは違い、テキスト一辺倒ではなく、仕事で使えるフレーズや、契約書で使う単語の意味等も質問でき、有意義に受講できます。

また、英語以外の歴史などの先生の知識の深さにも感動です。

海外経験のある講師は日本語が直接的だったり漢字が苦手な方が比較的多いですが、こちらではとても丁寧な日本語で説明を受けられます。

(M.H.さんは外資系企業の正社員として管理部門のお仕事をされています。)

S.N.さん(ビジネス英語と総合英語)

職業は医師です。海外の学会で発表することが決まり、英語教室を探していたのが1年前でした。


大手の英語教室も見学に行きましたが、いまいち納得できず見つけたのがQuo英語教室でした。Quo英語教室はわからない表現が出た時にも気軽に質問できますし、良心的な値段なのでその分長めの授業時間を選べます。

私は苦手にしていたリスニングを伸ばすためにディクテーションを宿題でやりました。最初はなかなか時間がかかっていましたが、徐々に短時間でできるようになりました。リスニングは以前よりすんなりできるようになった気がしています。
 

先日、学会発表も無事に終わりましたが、今後の英語学習は続けていこうと思っています。


S.M.さん(総合英語)

英会話を習おうと思い立ったきっかけは、数年ぶりに看護職に復職したことでした。外国人の患者さんも以前と比べると増え、英語での説明を求められることもあり、英会話の必要性を強く感じたのです。
 
とはいえ、家庭の事情で平均睡眠時間は4時間あるかないか、しかも勤務の後は気が抜けるのか、レッスンの最中でも(個人レッスンにも関わらず、です)眠気に襲われ集中力が保てないこともしょっちゅう・・・
 
やす先生はかなりお困りになられたと思うのですが(すみません 汗)私の心身の状態を考慮して宿題を加減して下さったり、ゲーム的な要素を取り入れたりと、毎回のレッスンはもちろん、英会話の学習が楽しく続けられるように工夫して下さいました。また海外の興味深いお話も折に触れ聞かせて下さることも楽しみのひとつでした。
 
現在は主人の転勤に伴い関西へ引っ越したため通うことはできなくなりましたが、今後の学習のアドバイスも頂きました。また、いろいろとアフターケアまでして頂き感謝感謝です。
 
これからも細々とかもしれませんが、患者さんと英語でお話しできるように勉強を続けていきたいと思っています。また次回(たまに上京した折にはレッスンをお願いしています)お会いした時には少しでも成長した姿をお見せしたいです。


T.I.さん(ビジネス英語)

私は一般企業で人事の責任者をしています。社員の研修を企画する部署でもあるので、昨今の英語を使ったビジネスの広がりに対応した内容も考えなくてはなりません。特に若い社員には学習機会の提供をしていますが、では自分はどうなのかと自問自答すると、読解も会話も初心者レベル…それでは示しがつかない、とは思うものの、なかなか英会話スクールに通おうとは考えていませんでした。そんなとき、Quo英語教室を知ることがあり、地元にあるので通いやすいかなと思い、まずは体験レッスンから始め、今では、毎週通っています。

Quo英語教室の良いところは、先生が固定しているので自分のレベルをよく理解して下さる事と、こちらに必要な使いたい表現を丁寧に教えてくれる事です。また、企業の事情もわかった上のアドバイスはとてもありがたいです。教わった事が仕事中にすぐに使えると何だか英語力が上がった気になり、また教わりたくなるので不思議なものです。

レッスンを受け、自分の強みと弱みが分かったところが現在の収穫です。まだまだ勉強の途中ですが、グループレッスンの仲間と一緒に楽しく続けて行こうと思います。


Y.I.さん(ビジネス英語)

仕事での必要性もありこれまで個人で漠然と勉強していましたが、すぐ怠けてしまい上達しないため、通いやすいこともあり思い切って申し込んでみました。

最初は個人レッスンのつもりでしたが勧められるがままにグループレッスンに参加しました。

グループメンバーとは全く面識がなく、どういった形式になるのか不安でしたが、幸い真面目なグループだったため非常に真剣に取り組めています。

ポール先生がメインで教えてくださり、時々やす先生がサポートしてくれていますが、最初はポール先生の言っていることはほとんどわかりませんでしたが、少しずつ聞き取れるようになってきている気がします。

また、グループのため、他の人と比較した結果として自分の不足点も見えてきて、その点は個人では得られないことだと感じています。

そういった個々の問題点についても相談に乗ってくれるので、自分で勉強していた時より勉強しやすくなりました。

英語の放送などが聞き取れたりすると気分が良く、がんばろうという気持ちになります。


Y.H.さん(総合英語)

仕事で英語を使う機会がどんどん増えてきたので英語を習おうと決心して探していましたが、複数のグループレッスンや強制的なスケジュールに縛られるのが苦手な私に向いた英会話教室が中々なくて、プライベートレッスンだとどこも割高だし・・と悩んでいたところ見つけたのが「Quo」でした。

もともと中央線沿線に住んでいる時期が長く土地勘があり東中野という立地も理想的だったので早速体験コースを受けてみました。小さい教室でしたが完全なプライベートレッスンが気兼ねなくできそうだし、明るくきれいな環境も気に入って受講し始めました。

仕事を抱えながらの私には時間や曜日も合わせてくれるのでかなり嬉しい対応をしていただいています。授業が終わった後にもその日の履修内容や宿題の内容も丁寧な文面でメールを頂き、やる気を落とさず続けられそうです。

海外旅行が趣味なので早速覚えた会話をどんどん積極的に使ってみようと思います。


M.S.さん(総合英語)

長い間英語の勉強から遠ざかっていたので、簡単な挨拶さえもままならない状態で通い始めましたが、先生が発音から丁寧に楽しく教えてくれるので、緊張がほぐれていつのまにかいつも笑顔になります。

通い始める前は、「全く話せない私は、毎回が緊張の連続で、毎回勇気を出して通うんだろうな~」と思っていましたが、通い始めたら(先生がほめ上手なのかな♪)少しずつ上達する自分が嬉しくて、いつもレッスンの時間があっという間。

次のレッスンに行くのが楽しみです。あんなに苦手意識のあった英語なのに、自分でも不思議です。

白い扉に白を基調とした教室も、明るくて気に入ってます。

東中野は、体験レッスンで初めて訪れましたが、JRの駅のホームから見えるくらい駅近なので、レッスンの前や後にわざと遠回りして、キョロキョロと東中野探索するのも今の私の密かな楽しみだったりもします。


A.I.さん(TOEIC対策)

今まで英語や英会話のレッスンには抵抗がありましたが、職場で英語が推奨されるようになりTOEICを受験することになりました。そろそろ本格的に勉強しないと...と思っていた矢先に「Quo」さんに出会いました。

最初の体験レッスンで、「TOEICで良いスコアを取りたい」という希望を伝えたところ、非常に熱心にカリキュラムを組んで下さり指導にあたってくださいました。レッスン後には毎回メールで激励とアドバイスを頂きました。

おかげさまでスコアも自分の予想以上の結果を出すことができ、更に目標のスコアを上げているところです。特に文法が久しぶりで全く覚えていなかった3か月前に比べて、少しずつですが上達していることを実感するようになりました。

やす先生はとても博識な方なので、日常生活からビジネス英語、趣味の話まで幅広くお話しさせて頂いています。仕事につかえる言い回しなども気軽に教えて下さるので実践でも役立っております。
 
お問い合わせはこちら